ニューボーンの記念写真

ニューボーンフォトギャラリー

DEAR Studioの記念写真集

引用元:DEAR Studio公式instagram
https://www.instagram.com/dearstudio_nagoya/

フォトスタジオセルフィットの記念写真集

引用元:フォトスタジオセルフィット公式HP
https://www.studioselfit.com/genre/shrines/

sifrの記念写真集

引用元:sifr公式HP
https://sifr.photo/byage_0/

創寫舘の記念写真集

引用元:創寫舘公式HP
https://soshakan.co.jp/newborn

フォトメゾンtoctocの記念写真集

引用元:フォトメゾンtoctoc公式HP
https://toctoc.photo/menu/baby/

DEAR Studioの記念写真集
フォトスタジオセルフィットの記念写真集
sifrの記念写真集
創寫舘の記念写真集
フォトメゾンtoctocの記念写真集

ニューボーン写真とは

ニューボーン写真とは、生後3週間程度までの生まれたての姿を残す写真の事です。
赤ちゃんの成長は早いので、産院から退院したばかりの頃の姿などはあっという間に昔のものに。
生まれたての姿を残せる、貴重な記念写真になります。

ニューボーン撮影の口コミ

「コーディネートのセンスが流石で、素敵な写真をたくさん撮っていただきました。
一緒に上の子どもとも撮影してもらい、最高の笑顔の写真に。
撮影中にいろいろな事を教えて頂き、とても勉強になりました」

「マメ知識を教えて頂きながらの撮影で楽しかったです。
赤ちゃんに気を使った撮影で、ゆっくり時間をかけて撮影してくださり満足です。」

「生後2週間の時に撮影しました。
最初は不安でしたが、撮影中は泣く事なくスムーズに終了。
どの写真も可愛くて、写真を眺めるたびにニヤニヤしてしまいます。」

ニューボーン撮影の注意点やポイント

まだ生まれたての新生児の撮影になりますので、他の記念撮影とは違って注意するべき事もたくさんあります。
デリケートな状態ですから、「かわいい!」という気持ちだけでおこなうのはダメ。
撮影の予約を入れたからといっても、まずは赤ちゃんの状態が最優先。
少しでも不安なところがあれば、別日に設定しなおしまょう。
同時に、この頃の母体も完璧に出産のダメージから回復しているわけではないので、ママの調子が優れないときもダメ。
赤ちゃんとママの体調が良いことが、ニューボーン撮影で一番に守りたい注意点。
そのため、予約を入れる際には、体調不良によりキャンセルや別日に設定できるかどうかを確認しておくと安心です。

また、日本では赤ちゃんの外出の目安は生後1ヵ月とされていることからも、ニューボーン撮影は自宅でおこなうのが主流です。
つまり、出張撮影。
ただ、まだニューボーン撮影は他の子どものイベント撮影に比べてマイナーなことからも、その撮影サービスについてあまり知らない事も。
安全性に関してどのように考えているのか、対策を取っているのかを見極めることが必要となります。

特に、カメラマンの体調も要チェック。
撮影する側の体調が悪い、もしくは病気の気配があれば赤ちゃんにうつってしまう危険性も。
赤ちゃんの免疫機能はまだ完全ではないのですから、カメラマンの体調も要チェックです。

お得評判がいいところだけ/名古屋のおすすめ写真スタジオ3選
スタジオマイハウス
スタジオマイハウス公式サイト
引用元:公式HP
https://www.studio-myhouse.com/
Googleのクチコミ
口コミ数 110
評価 4.9
データプラン
価格 30,000
1カット当たり 400
データのみ可
持ち込み撮影
公式サイトへ

電話で問い合わせ

happilyフォトスタジオ
happilyフォトスタジオ公式サイト
引用元:公式HP
https://www.happilyphoto.jp/
Googleのクチコミ
口コミ数 70
評価 4.1
データプラン
価格 33,800円
1カット当たり 676円
データのみ可
持ち込み撮影
公式サイトへ

電話で問い合わせ

メモリス
メモリス公式サイト
引用元:公式HP
http://ph-memoris.jp/

Googleのクチコミ
口コミ数 10
評価 4.3
データプラン
価格 37,000~42,000円
1カット当たり 493~560円
データのみ可
持ち込み撮影
公式サイトへ

電話で問い合わせ